アプリならサクサク快適!

★★★★★

【初産で難産】体力が限界!破水から出産まで45時間の出産レポート

陣痛の伴わない前期破水から始まって、促進剤投与・微弱陣痛・吸引分娩にて破水から45時間後に出産と、一般的な出産経過とは少しだけ外れてしまった私の初産経験です。
こんなこともあるんだな~と思っていただけると嬉しいです。

2019.04.18 更新 /

839view

「赤ちゃんが下りてない」状態での前期破水

布団が濡れてる!深夜3時の破水

予定日2日前に健診へ行ったところ、「まだまだ赤ちゃんは下りてきてないね。もっと歩いてね」とのこと。
そこで私は、翌日繁華街に出て、ベビーグッズのバーゲンへ行こうと考えていました。
お出かけの準備も万端で、ウキウキ気分で就寝しました。
ところが、日付も変わった深夜3時前、なんだか股の間がヌルっとして目を覚ましました。
漏らしちゃったかな、と思ったんですが、なんだかおしっこにしては水がとまりません。
そこでやっと破水だということに気が付きました。
その時点でお腹の痛みなどはなく、出産ってこんなもんなんだな、と思いました。
(もちろん大きな勘違いです。)

15分後には産院に到着するも、寝るだけの1日

破水だと気づいた私は、両親を起こして、車で産院へ。
バスタオルを巻いて、ドキドキしながら10分で到着して診察台に乗りました。
すると、「うーん、まだ1~2㎝ですし、赤ちゃんの頭にも触れませんね。陣痛も無さそうですし、入院して様子を見ましょう。」と先生。
なんとその日はベッドで寝てNSTを付けるだけで終わりました。
それでも前期破水ですので、羊水は流れ続けます。
私は不安になって、「羊水なくなりませんか?赤ちゃん大丈夫?」と助産師さんに尋ねました。
返ってきた答えは「大丈夫ですよ。羊水は作られ続けますし、モニターで赤ちゃんも見ていますから」でした。

翌日朝9時、いざ促進剤投与開始!

破水をすると、羊膜で守られていた子宮に雑菌が入りかねないため、2日以内に出産しなければならないそうです。
丸1日陣痛もなく寝て過ごした私は、翌朝9時から点滴にて促進剤の投与が始まりました。
促進剤は少しずつ量を増やしていきます。
お昼ご飯の時間になっても、私の陣痛は強くならず、TVを見るゆとりがありました。
そして、お昼を挟んでまた午後1時から促進剤が投与です。
午後2時を過ぎたころから強めの陣痛を感じ始め、点滴の終わる午後4時ごろには呻きながらどこかを掴んでいないと耐えられない痛みでした。
前期破水から約37時間、やっと本陣痛です。

「もしかしたら明日も促進剤かも」から迎えた本陣痛

夕方5時のソフロロジー講座

本陣痛が始まったのは、促進剤を投与している時間でした。
「促進剤の投与は1日6時間までなので、もう今日はおしまいです。もしかしたら今来ている陣痛も、点滴を終えることで、収束してしまうかもしれません。そのときは明日また点滴を行います」
強い痛みの中、先生からそんなことを言われ、ショックで心が折れそうになりました。
こんなに痛いのに赤ちゃんに会えないの⁉と。
不安な時間が始まりましたが、幸運なことに陣痛は収束せず、そのまま子宮口も開き始めました。
夕方5時ごろには激しい痛みをテニスボールでお尻や腰を刺激しながら耐えていました。
部屋中歩き回って棒につかまって呼吸を止めてしまっている私を支えてくれていたのはベテラン助産師さんでした。
その助産師さんがソフロロジーに詳しい方だったようで、
「お母さん、呼吸だよ、呼吸!しっかり吐いて!フーーー!」と、痛みに耐えながらのソフロロジー講座が始まりました。
おかげさまで、しっかりと呼吸を意識することで、少しだけ痛みを逃すことができました。
もう少し早く聞きたかった、というのが本音ですが。

夜9時に迎えた全開、からの、まさかの弱まる陣痛

その後陣痛はゆっくりと進み、子宮口全開で分娩室に入ることができたのは夜9時でした。
しかし、やっぱり赤ちゃんは下りてきていません。
いきめないので、分娩室の中でひたすら痛みに耐え続けるしかありませんでした。
そして1時間後の夜10時、分娩台に上がって、再度促進剤を使うことになりました。
この時点で本陣痛が始まってから約6時間です。
体力には自信があった私も、もう限界で、微弱陣痛になっていました。
そんな時に分かったのが、赤ちゃんの右腕に臍の緒が絡まっているという事実でした。
絡まった臍の緒が子宮内に赤ちゃんを戻してしまうため、いきんでも出てこれないのです。
何度かいきむのを挑戦しましたが赤ちゃんは出てこず、約50分後、
「もうお母さんの体力が限界で陣痛が弱い。23時がリミットで吸引するよ」
という先生の声が聞こえました。
正直、限界だった私には、「救われた!」と思った瞬間でした。
「お母さん、これ(トイレの掃除用具みたいなの)を入れますからね。ハサミでまずは切りますよ。吸い出すよ。もう会えるから、あと1回だけしっかりいきんで!」
疲労困憊の中、先生が色々と言っていたのですが、もうそれどころではなく、「とりあえず早くして。」の思いだけでした。
切られた痛みも、トイレ掃除の道具みたいなのを入れられた痛みも、何も分かりませんでした。
こうして深夜11時、前期破水から45時間、吸引分娩の末に初めての我が子に対面することができたのです。

最後に

陣痛から始まると思っていた出産ですが、前期破水からとは予想外でした。
でも、まな板の鯉ではないですが、もう出産が始まったらなるようにしかならなかったです。
いざ赤ちゃんに会えたら、その幸福感に色々あった痛みも疲れも吹っ飛んでしまいました。
そのくらい出産は神秘的で感動的なものでした。
余談ではありますが、2人目は陣痛から始まったものの、微弱陣痛で出産が進まず、やはり促進剤投与でした。もしかしたら体質的なものもあるのかもしれません。

関連記事

女の子のかっこいい名前247選

2019年04月19日 /
1910view

男の子の漢字ー文字の名前162選

2019年04月19日 /
954view

【出産レポ】予定日超過で、陣痛促進剤を使った誘発分娩へ

2019年04月16日 /
792view

【超音波写真(エコー写真)レポート】妊娠5,6週目〜出産まで

2019年04月16日 / ほりのうち
618view

【出産レポ】陣痛促進剤から緊急帝王切開になった壮絶初産

2019年04月19日 /
352view

【2人目予定帝王切開レポ】両方経験した者のみが感じる自然分娩と帝王切開の挑み方の違い

2019年04月19日 /
254view

カテゴリー

  • 授乳・ごはん
  • おうち・暮らし
  • お風呂
  • お出かけ
  • おもちゃ・絵本
  • ベビー服
  • マタニティ・ママ
  • 保育園・幼稚園
  • ねんね
  • ベビーケア
  • イベント・記念日
  • おむつ・トイレ
  • セーフティ
  • 準備リスト

  • 妊娠初期から
  • 妊娠中期・後期から
  • 陣痛時
  • 入院中から
  • 退院から
  • 生後0ヶ月から
  • 生後1~4ヶ月から
  • 生後5・6ヶ月から
  • 生後7~11ヶ月から
  • 1歳から
  • 2歳から
  • おもちゃ・絵本
  • 夏・冬・雨
  • イベント
  • 保育園
  • その他