アプリならサクサク快適!

★★★★★

双子育児ママの便利グッズ10選|離乳食・寝かしつけ・お風呂etc...

3歳になりたての双子の女の子のママです。双子育児をしていて買ってよかった便利なグッズを紹介していきます。少しでも育児の参考になれば幸いです。

2019.01.24 更新 / びすけ

335view

【双子ママの便利グッズ】沐浴・お風呂

出典:Instagram

沐浴のやり方

双子を沐浴するときは同時にできませんので、1人ずつ沐浴します。


<人手があるとき>
ママともう1人お手伝いさんがいるときは、沐浴専門の担当、服の着脱&沐浴後の保湿ケアの担当に分かれます。沐浴担当がお湯を入れたりと沐浴する準備をしている間に、服の脱着&沐浴後の保湿ケア担当は子供の服を脱がせせ、沐浴担当に子供を渡した後はもう1人の沐浴準備をします。沐浴が終わったら子供をタオルでふく間に、沐浴担当がもう1人の服を脱がせて連れていき沐浴します。慣れればズムーズに連携できてきます。


<ワンオペ時>
ママしかいないときは、1人の沐浴の全行程(脱衣、沐浴、保湿ケア、着衣)を終わらせてから、2人目の沐浴を行います。同時に行うのは不可能ですので、もし、1人を沐浴しているときにもう1人が泣いて収拾がつかないときは、あきらめて落ち着いてから空いた時間に沐浴しました。一緒の時間に必ず沐浴しなくてもいいのです。2度準備することになるので多少面倒かもしれませんが…。また、万が一沐浴できない日があっても気にしませんでした。

ストッケフレキシバス

生後1ヶ月頃、沐浴をするときに使用していました。他のベビーバスより少し大きめのサイズですが、洗面所にすっぽり収まります。別売りのサポートがあるおかげで、子供の背中を支えてくれて、腕に負担がかからず洗いやすかったです。4歳くらいまで使えるので、未だにお風呂で使用しています。折りたたみができるので、場所をとらないところがよかったです。

スキナベーブ

生後1ヶ月の沐浴している間しか使いませんでしたが、2人を沐浴するというのは結構な重労働でしたので(中腰の状態で30分ほど)、お湯に入れるだけで、すすぎも上がり湯もしなくていいのでかなり時短になり、負担が少なくありがたかったです。

【双子ママの便利グッズ】ミルク・離乳食

ミルクのあげ方・離乳食の食べさせ方

出典:Instagram

まず、ミルクや離乳食をあげるときは、2人をそれぞれのバウンサーに座らせておきます。


2人分のミルクは同時に作り、作り置きは決してせずに都度作っていました。粉ミルクは面倒なので、固形タイプのミルクを使用していました。固形タイプだと測ることをしなくていいので手早く作ることができ楽でした。


私は、2つのバウンサーの間に小さなテーブルを置いて座り、離乳食はどれだけ食べたかわかるように1人ずつ食器に分けて、それぞれの食器から交互に一口ずつあげていました。離乳食のあとミルクをあげるときは、同様にバウンサーの間に座って両手に哺乳瓶を持ち、2人同時にミルクをあげていました。

フィッシャープライス バウンサー

新生児のときから1歳半くらいまで使用していました。これがなければ、ミルクをあげるのも大変だったと思います。授乳、食事、あやし、すべての場面で役に立ちました。バウンサーに角度をつけて寝かせてミルクや離乳食を2人同時にあげることができ、グズったときにはこのバウンサーに寝かせて揺すると、ご機嫌が良くなります。大変便利でした。
柄は2種類ありましたが、もう一つは青いカエルの柄でしたので、女の子ですし、かわいいピンクのうさぎ柄を2つ購入しました。


メロディーが流れる飾りがついており、その横にはくるくる回して遊ぶ飾りも並んでついていますので、2人分のミルクと離乳食を準備している間、勝手に遊んでくれます。
バウンサーの座る部分にはスイッチがついていて、オンにするとブルブル振動するので子供たちは大喜びです。

和光堂手作り応援シリーズ

生後6ヶ月頃から離乳食を始めたのですが、離乳食をすべて手作りするのは時間もかかり、負担も大きかったです。和光堂のベビーフードは、お湯を注ぐだけでおかゆができたりスープができたりするので、とても時短になり便利でした。これをベースにして他の素材と組み合わせたりできるので、手抜きをしてるという罪悪感も少なく、負担が減って大変助かりました。

【双子ママの便利グッズ】ベビーカー・抱っこ紐

お出かけの仕方

出典:Instagram

お出かけするときは、抱っこひもが一番便利でした。実は、横並びのベビーカーを購入していたのですが、ベビーカー自体が重く、お店の通路を通るのも幅があるので一苦労していました。住んでいる場所にもよると思いますが、私の住んでいる地域は急勾配の道が多く、公園のお散歩でしかベビーカーを使用する機会がありませんでした。道が平坦な所では、ベビーカーの方が荷物も運びやすいので便利かもしれません。


私の場合は上記にも示しましたが、お出かけの時は0歳からしっかり自分で歩けるようになった2歳くらいまでずっと抱っこひもでした。足どりがしっかりする2歳くらいまでは、私1人でお出かけするのは不可能でしたので、パパがいるときに抱っこひもを1人ずつつけて、お買い物や散歩をまとめて行っていました。なぜ1人でお出かけすることが不可能かと言いますと、まだ人見知りすることを知らない歩けるようになったこの時期は、カゴから放した鳥のように見事に二手に分かれておのおの好きな方向へ行きます。それが非常に素早く、少しでも目を離せば目の前から子供たちが消えて、追い掛け回すだけでお出かけが終了してしまいます。ママはそれだけで体も心もヘトヘトになります。ママの言うことが理解できて(例えば、車が来て危ないから走らないで!など)かつ自分で歩けるようになった2歳以降は、自分で歩きたいという意思が出てくるので、抱っこひもやベビーカーはほぼ使用せず、自分の足で歩かせることができるようになりました。このくらいになると、まだまだ油断はできませんがママ1人でもお出かけしやすくなります。

bobaキャリア

新生児のときから使える抱っこひもで、おんぶひもにもなりました。細かい機能がたくさんついていて(ポケットや肩掛けバッグを止めるタグなど)便利でした。2人同時に泣いてあやすときに、抱っことおんぶで2つを前と後ろにつけることができたので、大変助かりました。

【双子ママの便利グッズ】ベビーベッド・ベビーサークル

出典:Instagram

双子の寝る場所

生後1か月から生後10ヶ月くらいまでベビーベッドを2つ置いて使用していました。


私の家では、子供たちの身長が伸びたために生後10か月くらいで寝られなくなったので、その後はベッドとしてではなく、プレイヤードとしておもちゃを入れたりして使用していました。
2歳を過ぎて以降は、折りたたんで専用のケースにしまっておいています。

ベビーベッドの使用を終えてからは(生後10か月くらいから)、セミダブルの布団を2つ並べて添い寝しています。パパとママそれぞれ1人担当して一緒に寝ている形です。パパママは両端に寝るようにしています。

アップリカ ココネルベビーベッド

使用していたベビーベッドは、アップリカ ココネル ミニベビーベッドです。

少し小さめなのですが、2つ置かなければならなかったので、大きさはちょうどよかったです。高さも、おむつ替えするには楽な高さで助かりました。使用しないときは、折りたたんでカバンのようなケースにしまっておくことができるので、場所を取らず便利でした。ベッドとして使用できなくなっても、ベッドの土台を下に下げて、2歳くらいまでプレイヤードとしても使用できるところが魅力的でした。

【双子ママの便利グッズ】ねんねグッズ

寝かしつけ・あやし方

出典:Instagram

生後3ヶ月頃から寝かしつけに苦労していたので、おしゃぶりを使いました。

おしゃぶりがないと眠れなくなっていましたが、、おしゃぶりをいつか外さなければならない時期が来た時に絶対苦労すると思ったので、一緒に寝るためのぬいぐるみをあげたり、オルゴール子守歌が流れるメリーゴーラウンドを枕元に置いたりして、おしゃぶりから気をそらせるように眠る手助けをしました。

抱っこで寝かしつけをするともう1人も抱っことせがみ、抱っこでの寝かしつけが癖になると、大きくなってきたときに2人同時抱っこをしなければならないと考えると負担が大きいと思いましたので、できるだけ抱っこでの寝かしつけをしなくてもいいように、このような方法で寝かしつけをしていました。それでも寝ない時は、寝かしつけするのをあきらめて、とことん起きて遊びに付き合っていました。すると、限界が来て突然寝ます。寝かしつけもあきらめが肝心なのかもしれません。

コンビテテオおしゃぶり入眠ナビ

ケース付きで衛生的であり、電子レンジで簡単に消毒できるこちらのおしゃぶりを使いました。泣いたときにこちらのおしゃぶりを使うと、驚くほど落ち着き、眠りについてくれました。それからしばらく手放せませんでした。

Hoppetta ふくふくガーゼ(6重ガーゼ) スリーパー

生後1ヶ月からずっと使用しています。夏の冷房による冷えや冬の夜の寒さから身を守ってくれています。特に冬の寒い夜は、布団がかかってるかどうか気になって何回も起きてしまいそうですが、このスリーパーを着せて寝かせれば、布団がかかってなくても体が冷えることがないので、安心して眠ることができます。

このスリーパーは、同じ柄のものを着せています。スリーパーに限らず、同じ柄、同じサイズのものが売っていれば、将来ケンカしないように同じ服を購入するようにしています。しかし思ったより、なかなか同じ柄、同じサイズの服が2着売っているとは限らず、最近は1点もので売られていることが多いです。ですから、同じ系統のデザインや色柄ものを選んで購入し、区別をせずに着回ししています。おさがりでいただいた服はもちろんのこと1点ものですから、おしゃべりができるようになってからは自分で選ばせて好きな洋服を着せています。同じ服がなかなかない我が家は、毎朝服の取り合いのケンカで大騒ぎです。できるなら、同じ服を購入する方がいいかもしれません。

カフカくんふしぎトーン

生後6ヶ月くらいから、2人同時のグズグズをあやすのに使っていました。お腹を押すと歌が流れるのですが、びっくりするほどピタっと2人同時に泣き止んで、夢中になって聞き入っていました。グズグズしたときには、本当に助けられました。1人だけのグズグズでも、このカフカくんを使うとグズグズがピタッと止まり、グズグズしていないもう1人もカフカくんのそばに来て、結局2人で仲良く聞き入っていました。

【双子ママの便利グッズ】妊娠中・授乳

授乳のやり方

出典:Instagram

授乳するときは、あぐらをかいた膝の横に左右1人ずつまずは置きます。授乳クッションをお腹を包むように置き、クッションの細くなっている両端の下と太ももの間に、別の小さいクッションをはさむことで授乳クッション全体を安定させました。そして最後に、クッションが置かれている太ももの上に、1人ずつ子供を乗せて、両脇腹に子供を抱える形で(両脇腹にラグビーボールを抱えているイメージです)授乳しました。片手に1人抱える形になりますが、首と背中を腕で支えてあげれば安定するので大丈夫です。子供を太ももに乗せるとき、人手のあるときは手伝ってもらうといいです。

たまひよSHOP 抱き枕 妊婦 丸洗いで清潔!妊娠~授乳用お助け抱き枕 スター (カバー付き)

このクッションは私の場合ですが、妊娠8ヶ月くらいから産後3ヶ月(母乳からミルクに移行するまでの間)くらいまで、大変お世話になりました。お腹が大きいときは、寝るときの抱きまくらとして使用でき、産後は授乳クッションとして使用できたので随分重宝しました。抱きまくらから授乳クッションまでと、幅広く使用することができ、丸洗いができるので衛生的でした。


私はこの授乳クッションを1つしか購入しなかったのですが、いざ授乳が始まったときに、もう1つ購入しておけばよかったと後悔しました。
何故かと言いますと、2人同時に授乳していたので、左右の脇腹にこの授乳クッションを1つずつ置くことによって、子供を安定した姿勢で乗せることができるからです。1つだけですと、三日月型になっている授乳クッションは、真ん中は厚めですが両端は細くなっているので、子供の姿勢が不安定になるだけではなく、自分自身も辛い体勢になり体が痛くなってしまいました。それならば、1人ずつ授乳をすればよいのでは?と思われるかもしれませんが、1人授乳をしている間に2人目が必ず泣きます。2人目を待たせることになる上、1人目の授乳に集中できないことから、おっぱいの出も悪くなってきます。自分自身は楽ですが、1人ずつ授乳するということはその分だけ授乳時間が長くなりますから、体を休められる時間が少なくなってしまうのです。それを考えると、2人同時に授乳した方が一度の授乳で終わりますし、まとまった休み時間が少しでも多くとれます。

もし、双子ママになる方が授乳クッションの購入を考えておられ、さらに母乳育児を検討されていましたら、お腹が大きくなる前に2つ購入されることをおすすめ致します。

関連記事

IKEAの人気ベビーグッズ27選!収納・ベッド・チェア・おもちゃetc...

2019年01月27日 / sotomama
458view

赤ちゃん寝かしつけ|みんなのストレス、やってよかったこと・グッズ

2019年01月21日 / みんなの育児グッズ調査隊
83view

みんながやってる寝かしつけのコツを教えて!!【絵本・グッズ】

2019年03月31日 / ERIPOP
35view

カテゴリー

  • 授乳・ごはん
  • おうち・暮らし
  • お風呂
  • お出かけ
  • おもちゃ・絵本
  • ベビー服
  • マタニティ・ママ
  • 保育園・幼稚園
  • ねんね
  • ベビーケア
  • イベント・記念日
  • おむつ・トイレ
  • セーフティ
  • 準備リスト

  • 妊娠初期から
  • 妊娠中期・後期から
  • 陣痛時
  • 入院中から
  • 退院から
  • 生後0ヶ月から
  • 生後1~4ヶ月から
  • 生後5・6ヶ月から
  • 生後7~11ヶ月から
  • 1歳から
  • 2歳から
  • おもちゃ・絵本
  • 夏・冬・雨
  • イベント
  • 保育園
  • その他